ヌルデ

ヌルデの実を見に行ってまいりました。
木曽川河川敷です。
a0275492_474916.jpg
綺麗な実ではありません。雌雄異株で、どの株にもみが付くというわけではありません。
河川敷では2本見ることができました。
8月の盛夏に花を白く咲かせたものが今もう実になるというのは 結構速いしあげです。
a0275492_3575414.jpg
白い粉みたいなものが見えますが、リンゴ酸カルシュウムと説明されています。
なぜこんなものが付くのか。
もう一本を見てみました。
a0275492_404568.jpg
こちらは実のつき方が荒いですね。
リンゴ酸カルシュウムはついているか?
a0275492_414318.jpg
実に白いものが見えます。ヌルデの果実は鳥が好むといいます。
鳥はリンゴ酸カルシュウムが好きでしょうか。
塩分をとる必要のある鳥がやってきては ヌルデを食べて 糞散布するのでしょうか。
リンゴ酸カルシュウムは雨で流されてしまうといいます。
実は早く成熟して 早く散布してほしいのでしょう。
鳥と雨との戦いです。


[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-01 04:05 |