カエルとサクラキチ


by goldfrog1103

カテゴリ:実( 22 )

皆様、おはようございます。

久し振りに 家に 帰っております。
抗ガン剤は曲がりなりにも ワンクール終わり、
両脚の痛みが治まり、週末を利用して帰ってきております。
庭では
a0275492_6132755.jpg

懐かしいことばかりで 知らぬ間に 花は散り、実がなり、
時は移り、
綺麗な桃がびっしりなって おいしそうにい見えるでしょう?
a0275492_6235326.jpg

悪いくせで つい 口に入れております。
摘果したはずですが、摘果は出来ておらず、
a0275492_6315594.jpg
なり過ぎです。
こんなに生って 見る目には立派ですが、実は小さく 甘味も薄く、昨年とは
味が全く違います。
甘味が少ないのです。
a0275492_639138.jpg


朝になり、カッコウが啼いています。
午後には病院へ戻りますが、
次はいつ帰れるのか、
帰ってきたら また 鳴いておくれ!!!
[PR]
by goldfrog1103 | 2013-06-16 07:05 |

柚子

もし庭に一本の柚子の木があれば 人生は数倍豊かなものになる。

この言葉に惹かれて 私は柚子の苗を購入 庭に植えたのです。
植えてから何年になるでしょうか。
花は咲かず、実はならず。

同時に植えた花柚子は 小さな木でも 毎年実がなるのです。
柚子は難しいものと言う思いに至っていました。
「柚子の大馬鹿 16年」とか言いますからね。

あるとき柚子は いじめてやると 花芽が付くと聞いたのです。
スコップで根きりをした翌年 花が咲いたのです。
初夏の 薄紫色の花は お澄ましの薫り高い吸い物に、
青柚は 皮を磨り降ろし 麺や冷奴に、
熟柚は 鍋物 柚子味噌 そして
柚子湯に。
a0275492_446615.jpg

もう12月ですね。
時間のたつのが早いこと。
今夜は柚子湯に入って 暖かくお過ごしください。

週末は孫がやってきます。
a0275492_453216.jpg

宿題のおわれるようになりました。
勉強で忙しくなれば もう来れ無くなるでしょう。
[PR]
by goldfrog1103 | 2012-12-08 04:52 |

柿のおいしい季節です。
わが家の柿は食べつくし、とくとく市場で購入。
a0275492_491151.jpg
15個入り 200円。
毎日午前午後 一服でおやつを食べていますが、柿は美味しいですね。

ビタミンA・Cは風邪をひきにくくする
タンニンは血圧を下げる
カロテンは動脈硬化の予防
カリュウムは利尿作用
などいいことばかりです。柿の食べ過ぎは 便秘になるとか、お気を付け下さい。
a0275492_4152253.jpg

その上 我が家には柿の種が必要です。
そろそろ岐阜の柿園から 種用の柿が集まりましたよ と電話が来るころです。
a0275492_4172720.jpg
この種を蒔いて
苗木を育てなければなりません。売れないといいながら 性懲りもなく 次の年用に準備しなければなりません。
柿は 寒い北海道 熱い沖縄ではできないとか、ラジオで言ってました。
屋敷に 柿の一本や二本 植えてない家はありませんが、所変われば・・・ですね。
気ままに食べることが出ないとなれば 高価な柿でしょうか。

新美南吉に 二匹のカエル という童話があります。
新しい挿絵の本が出たようです。孫にはまだ早いかな。
a0275492_4294932.jpg
a0275492_6225295.png
[PR]
by goldfrog1103 | 2012-12-02 04:30 |

ギンバイカ

我がマートルの実が熟してきました。
a0275492_414039.jpg
Myrtleにはドワーフ、 ルマ、 レモンセンテッド などの種類があるようですが
わが家のは普通のギンバイカです。
6月 ジューンブライドのために真っ白な花を咲かせ、秋深くなって 其の実を実らせる。
花は生のままサラダに
葉は肉料理の風味つけに
実はマートル酒に
と言われていますが、どれも実際には利用していません。
惜しいことです。宝の持ち腐れです。
a0275492_473438.jpg

葉を噛んでもいい香りがしますが、今 実を食べても甘く 香りが口の中に広がります。少しえぐみがあるように感じます。
果実酒にするといいのでしょうが、私は下戸で。マートル酒は美味しいといいますが、売ってるでしょうか?自分だけの楽しみで漬けるのでしょうね。
実を割ってみました。小指の先ほどの実です。
a0275492_4114719.jpg
白い果肉の部分が甘いのです。細かい種が入っています。
此れを蒔けば増えるといいますが、試しておりません。
其れよりも挿し木で増やすことができます。1本 庭先で挿し木が成功しております。
意外と簡単です。
葉は常緑ですが これからの寒さに 霜に 焼けます。やや銅色になるのです。

a0275492_5565491.png

[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-30 04:25 |

ザクロ

一時 ザクロのジュースに人気が出ました。
今はどうなんでしょう?

昨日サクランボの苗木を植え込みにゆきましたら 古いザクロの木がありまして、
a0275492_483780.jpg
実が割れています。
甘酸っぱい味は知ってますが、いまどき食べる人もなく 人知れずに ぶら下がっておるのです。
いくつもできていますが、
a0275492_4145947.jpg
もう誰も見向きもしなくなってしまったのですね。
ザクロの原産地はトルコとか。日本へは中国経由で 923年に渡来。
江戸時代より古典園芸植物で盆栽にも利用されている。
a0275492_4151357.jpg

ザクロにはカイガラムシが付き すす病が発生しまして 葉が黒くなったり、見いいものではありません。木の陰になると余計にいけません。
ザクロは種子が多いので 豊穣を期待したり、子宝に恵まれる吉木といいます。
ジュースから 庭木まで 歴史あるザクロです。
オレンジ色の花が印象にあります。
[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-29 04:27 |

真弓

真弓が色づいて
a0275492_3574453.jpg
来ました。
わが家のは古い昔ながらのマユミです。
a0275492_359845.jpg
今は 紅色の濃い園芸品種がありますね。
a0275492_3595647.jpg
赤みが割れて中には鮮やかに赤い種が入っています。自然に落ちて 生えるのです。
a0275492_411647.jpg
真弓の新葉には毛虫が湧きます。毎年のことですから 真弓の好きな虫がいるのです。尻尾から糸を出して 垂れ下がってきます。それを知らずに下を歩くと えらい迷惑なことになるのです。
だから真弓は嫌いです。
強剪定をしておりますが 真弓は丈夫な木で また枝を伸ばし、花を咲かせ 実を付ける。立派なものです。古人は 弓にこの木を使ったようですが。

ランドセルを買ってもらったよ。
a0275492_4902.jpg

[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-25 04:09 |

千両

万両 千両 百両 十両 全部そろえて庭に植えるといいのですが、
我が家には千両しかありません。
なかでも一番人気なのが千両でしょう。
a0275492_46577.jpg

縁起物ですからね。
もう赤くなって そろそろネットをかぶせておかないとヒヨドリにやられます。
a0275492_48472.jpg

庭木の下でもいいし、正月には 松竹梅に赤い実を加えるのもいいでしょう。
a0275492_4122458.jpg


千両にはキミノ千両というのがあります。
実が黄色いのです。
偶然ですが、わが庭に一本あります。
植えた記憶はありませんから、ヒヨドリがわざわざやってきて 糞をして それが生えて成長したものでしょう。
a0275492_4175778.jpg

[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-18 04:11 |

フウ

東公園の南側です。
a0275492_424778.jpg
いつもは北側から入っています。南側にはフウの街路樹が有ったのですね。 紅葉しております。いま 見頃でしょう。

ホルトノキには実がたくさん、まだグリーンです。
a0275492_454952.jpg


クスノキの実がもう熟しておりました。
a0275492_464189.jpg


イヌビワは味も素っ気もありません。
a0275492_411814.jpg


最後はフウの実です。
a0275492_419262.jpg
秋の公園は鳥もいなくて 花もなくて さみしくなります。
歩いている人も少ないな。

おおきいなぁ
a0275492_4161137.jpg

[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-10 04:16 |

オガタマノキ

隣りの部落の神社です。
オガタマノキがあります。結構背が高い木です。
a0275492_483069.jpg

招霊の木と言うだけに 神社に関係があるのでしょうか。
春白い小さな花が咲き、香りがいいのです。
その花が実になって そろそろ見ごろではないか?
a0275492_411759.jpg
こんな色の実がたくさんなっています。
烏がこの実が好きで 突っつきに来ますが、未だ被害はありませんでした。
此れから食べるものが無くなるとやってくるのでしょう。
a0275492_41483.jpg

巫女さんが神前で踊るときに振る鈴はこの実を模したものであるとどこかで読んだことがありますが、そうでしょうか。
葉は
a0275492_4191498.jpg
少しねじれていますが、1円硬貨に使われている木の図案は
a0275492_420585.jpg
オガタマノキである、とどこかにかいてありました。
調べてみますと 「若木」とあり、オガタマノキとは書いてなくて 特定のモデルがないというのです。どこで間違ったのか?早とちりでした。
[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-03 04:21 |

ヌルデ

ヌルデの実を見に行ってまいりました。
木曽川河川敷です。
a0275492_474916.jpg
綺麗な実ではありません。雌雄異株で、どの株にもみが付くというわけではありません。
河川敷では2本見ることができました。
8月の盛夏に花を白く咲かせたものが今もう実になるというのは 結構速いしあげです。
a0275492_3575414.jpg
白い粉みたいなものが見えますが、リンゴ酸カルシュウムと説明されています。
なぜこんなものが付くのか。
もう一本を見てみました。
a0275492_404568.jpg
こちらは実のつき方が荒いですね。
リンゴ酸カルシュウムはついているか?
a0275492_414318.jpg
実に白いものが見えます。ヌルデの果実は鳥が好むといいます。
鳥はリンゴ酸カルシュウムが好きでしょうか。
塩分をとる必要のある鳥がやってきては ヌルデを食べて 糞散布するのでしょうか。
リンゴ酸カルシュウムは雨で流されてしまうといいます。
実は早く成熟して 早く散布してほしいのでしょう。
鳥と雨との戦いです。


[PR]
by goldfrog1103 | 2012-11-01 04:05 |